Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cisco Firepower」にマルウェア検知がバイパスされる脆弱性 - 「Snort」にも影響

Cisco Systemsが提供するネットワークセキュリティ対策製品「Cisco Firepower」のシステムソフトウェアに、マルウェア検知を回避される脆弱性が含まれていることがわかった。「Snort」にも影響があるという。

同製品には、HTTPヘッダの処理に問題があり、細工されたHTTPリクエストにより、悪意あるファイルの検知がバイパスされる脆弱性「CVE-2016-1345」が含まれる。同社による重要度のレーティングは「高」。

「FirePOWER」や「FirePOWER Threat Defense for Integrated Services Routers」「Sourcefire 3D System Appliances」「Virtual Next-Generation Intrusion Prevention System(NGIPSv)」のほか、「Next Generation Intrusion Prevention System (NGIPS) for Blue Coat X-Series」「Adaptive Security Appliance(ASA)」や「Advanced Malware Protection(AMP)」などの一部製品が影響を受ける。

同社は、アップデート「同5.4.0.7」「同5.4.1.6」「同6.0.1」にて脆弱性を修正。利用者へ注意を呼びかけている。また設定によってはオープンソースのIPSである「Snort」も今回の脆弱性の影響を受けるとしており、「同2.9.8.2」にて脆弱性が修正されたという。

(Security NEXT - 2016/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ