Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、「情報セキュリティポリシーサンプル」を改訂

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「情報セキュリティポリシーサンプル1.0版」をウェブサイト上で公開した。

同サンプルは、同協会の西日本支部中小企業向け情報セキュリティポリシーサンプル作成ワーキンググループが作成したもの。2002年に作成した「同0.92a版」から年月が経過し、技術やサービス、国際規格など環境が変化していることから、改訂作業を実施した。

従来の「同0.92a版」では、対象を中規模以上の企業を想定していたが、「同1.0版」では中小規模の企業を想定。またPDCAサイクルは、従来「DO(実行)」に重点を置いていたが、今回サイクル全体をカバーした。

2013年に改訂された国際標準「ISO/IEC27002:2013」への対応や、スマートデバイスやクラウド、SNSなどの新技術やサービスへの対応。関連規格として「ISO/IEC27001:2013」「ISO/IEC27002:2013」「ISO/IEC27005:2008」「ISO31000:2009」まで含めた。

(Security NEXT - 2016/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
PHPのテンプレエンジン「Twig」に情報漏洩の脆弱性
「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
経産省、ビルシステムのセキュリティ確保でGL案 - パブコメ実施
「Windows 7」に権限昇格のゼロデイ脆弱性 - 標的型攻撃で積極的な悪用
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
Mozilla、3件の脆弱性に対処した「Firefox 65.0.1」をリリース
「Exchange Server」の深刻な脆弱性、MSがアップデートを開発中