Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

公衆無線LAN利用者や設置者向けに手引書 - 脅威や対策を解説

情報処理推進機構(IPA)は、公衆無線LANの利用に際して想定される脅威とその対策についてまとめた手引書「公衆無線LAN利用に係る脅威と対策」を公開した。

同資料は、スマートフォンやタブレット端末による公衆無線LANの利用者と、公衆無線LANを提供しているまたは提供を検討する自治体や企業向けに、脅威や対策について解説したもので、公衆無線LANを安全に利用するため、必要とされるセキュリティ対策の手引書として利用できる。

公衆無線LANに関わる脅威としては、盗聴やなりすまし、悪意ある目的でのアクセスポイント設置、犯罪予告の書き込みなど不正目的での利用などを想定。これらの脅威に対し有効なセキュリティ対策を紹介するとともに、その対策について必要となる作業や費用の面から見た提供のしやすさ、利用のしやすさもあわせて説明している。

(Security NEXT - 2016/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、アップデート「iOS 12.0.1」をリリース - バグや脆弱性を修正
TP-Link製のWi-Fiネットワーク管理ツールに複数脆弱性
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
Apple、「Boot Camp」向けに脆弱性「KRACK」対策のアップデート
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス