Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECのルータ2機種にCSRFの脆弱性

NECのルータ2機種にクロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性が含まれていることがわかった。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「Aterm WF800HP」には「CVE-2016-1168」が存在。さらに「Aterm WG300HP」に「CVE-2016-1167」が判明した。ログイン中のユーザーが、細工されたページにアクセスすると、意図しない操作が行われるおそれがある。

NECでは、「Aterm WF800HP」に対して脆弱性を修正したファームウェアのアップデートを提供。また両機種において、管理画面へログインした状態で他サイトを閲覧しないことで脆弱性の悪用を回避できるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
バッファロー製の一部無線LANルータにリモートよりコマンド実行される脆弱性
コレガ製ルータ「CG-WGR1200」に3件の脆弱性 - 修正予定はなし
無線LANルータ「WXR-1900DHP2」の旧ファームウェアに複数脆弱性
富士ソフト製モバイルルータに脆弱性 - 緩和策の実施を
アイ・オー製NASやルータなど複数製品に脆弱性 - ファームウェアの更新がリリース
脆弱ルータを狙うアクセス、11月20日ごろより観測数増加 - 警察庁
国内の「Mirai」感染、12月18日の時点で約1.5万件
ロジテック製ルータ11機種、「Mirai」感染のおそれ - 最新ファームウェアか確認を