Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、「FinTech事業開発室」を設置 - セキュリティ技術との連携模索も

NECは、ICTを活用して新たな金融サービスを創出するいわゆる「FinTech」の関連事業推進を目指した新組織「FinTech事業開発室」を4月1日に立ち上げる。

同組織は、全社注力事業の牽引やビジネスモデル変革の推進などを担う「ビジネスイノベーション統括ユニット」内に設置。約20人体制で活動を開始。北米やシンガポール、インド、欧州などの拠点と連携しながらグローバルに事業を展開していく。

具体的な業務として、組織横断的なFinTech事業戦略を策定するほか、AIやセキュリティ、生体認証などの技術とFinTech関連技術のオープンイノベーションによるサービスの開発を推進。金融や流通、通信、政府機関や自治体との協業による新規サービスの創出を目指す。

(Security NEXT - 2016/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
きらぼし銀行、合併初日に一時障害 - 「旧八千代銀行」のシステムで
前橋市教委、個人情報流出は4万7839件 - 既往症や口座情報なども
一部で13年以上にわたり誤った信用情報を登録 - 岩手銀
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
「MUFGカード」のフィッシングサイトが大量発生 - 「三菱UFJニコス銀行」名乗り送信
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
児童や学生など含む個人情報約4万5000件が流出した可能性 - 前橋市
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発