Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、「FinTech事業開発室」を設置 - セキュリティ技術との連携模索も

NECは、ICTを活用して新たな金融サービスを創出するいわゆる「FinTech」の関連事業推進を目指した新組織「FinTech事業開発室」を4月1日に立ち上げる。

同組織は、全社注力事業の牽引やビジネスモデル変革の推進などを担う「ビジネスイノベーション統括ユニット」内に設置。約20人体制で活動を開始。北米やシンガポール、インド、欧州などの拠点と連携しながらグローバルに事業を展開していく。

具体的な業務として、組織横断的なFinTech事業戦略を策定するほか、AIやセキュリティ、生体認証などの技術とFinTech関連技術のオープンイノベーションによるサービスの開発を推進。金融や流通、通信、政府機関や自治体との協業による新規サービスの創出を目指す。

(Security NEXT - 2016/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
信用情報約2.2万件の登録漏れがあらたに判明 - 岩手銀
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
一部で13年以上にわたり誤った信用情報を登録 - 岩手銀
「Struts 2」脆弱性、公開2日後には攻撃発生 - 攻撃者は1週間前から別の攻撃も展開
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
金融庁、テックビューロに3度目の業務改善命令 - 仮想通貨不正送金問題で
過去に「Zaif」OEM利用のフィスコ仮想通貨取引所、不正アクセスの影響を否定 - 直前に別システムへ移行済み
仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス、約67億円が被害 - 原因は公表せず