Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、「FinTech事業開発室」を設置 - セキュリティ技術との連携模索も

NECは、ICTを活用して新たな金融サービスを創出するいわゆる「FinTech」の関連事業推進を目指した新組織「FinTech事業開発室」を4月1日に立ち上げる。

同組織は、全社注力事業の牽引やビジネスモデル変革の推進などを担う「ビジネスイノベーション統括ユニット」内に設置。約20人体制で活動を開始。北米やシンガポール、インド、欧州などの拠点と連携しながらグローバルに事業を展開していく。

具体的な業務として、組織横断的なFinTech事業戦略を策定するほか、AIやセキュリティ、生体認証などの技術とFinTech関連技術のオープンイノベーションによるサービスの開発を推進。金融や流通、通信、政府機関や自治体との協業による新規サービスの創出を目指す。

(Security NEXT - 2016/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
北朝鮮攻撃グループ「Lazarus」の新ツールを発見 - 現在も攻撃に使用
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
2019年2Qの不正送金被害が半減 - ただし法人では増加
トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
「Jコイン」のテスト用システムに不正アクセス、加盟店情報が流出
フィッシング報告、5000件超で過去最多 - URL件数も高水準
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK