Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2割強の乳幼児、スマホの画面ロックを解除 - 有料課金50万円のケースも

3割が「ほぼ毎日」子どもがスマートフォンをさわり、スマホをさわる子どもの2割強は画面ロックを解除できることがわかった。保護者の見ていないところで有料アプリをダウンロードしたり、有料課金が行われていたケースもあり、課金額が50万円にのぼったケースもあったという。

MMD研究所とマカフィーが、未就学の乳幼児におけるスマートフォンの利用実態調査を行ったもの。0歳から6歳の乳幼児を持つ20歳から49歳のスマートフォンを所有している女性2190人が回答した。

子どもにスマートフォンを「見せたりさわらせたことはない(20%)」と「覚えていない(6.3%)」を除く、73.7%が子どもにスマートフォンを触らせたことがあることがわかった。

子どもがフマートフォンにさわる頻度を聞いたところ、「ほぼ毎日」が30.6%で最多。「週2、3回程度」が25%、「週1回程度」が16.4%で続く。母親と一緒に利用することが68.5%と7割近くにのぼるが、子どもがひとりで利用するケースも49.6%と半数近い。

(Security NEXT - 2016/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱