Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2割強の乳幼児、スマホの画面ロックを解除 - 有料課金50万円のケースも

3割が「ほぼ毎日」子どもがスマートフォンをさわり、スマホをさわる子どもの2割強は画面ロックを解除できることがわかった。保護者の見ていないところで有料アプリをダウンロードしたり、有料課金が行われていたケースもあり、課金額が50万円にのぼったケースもあったという。

MMD研究所とマカフィーが、未就学の乳幼児におけるスマートフォンの利用実態調査を行ったもの。0歳から6歳の乳幼児を持つ20歳から49歳のスマートフォンを所有している女性2190人が回答した。

子どもにスマートフォンを「見せたりさわらせたことはない(20%)」と「覚えていない(6.3%)」を除く、73.7%が子どもにスマートフォンを触らせたことがあることがわかった。

子どもがフマートフォンにさわる頻度を聞いたところ、「ほぼ毎日」が30.6%で最多。「週2、3回程度」が25%、「週1回程度」が16.4%で続く。母親と一緒に利用することが68.5%と7割近くにのぼるが、子どもがひとりで利用するケースも49.6%と半数近い。

(Security NEXT - 2016/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
スマホ決済アプリ、インストールするも約6割利用せず
半数が「スマホ決済」の不正利用に不安 - ネガティブイメージ先行
7月のフィッシングURL、前月比約1.5倍に - 初の2000件超
フィッシングサイトの検知が急増 - 大手キャッシュレス決済をかたるケースも
スマホ決済の利用率は27%、「LINE Pay」がトップ
3割がフェイクニュースに騙された経験 - 「見破る自信がない」7割
フィッシングURLが最多記録を更新 - 報告やブランド悪用被害も増加
未成年スマホのフィルタリング使用率は4割 - 9.5ポイント減
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験