Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

処理フローを設定できる個人情報検出ソフト - レピカ

レピカは、個人情報検出ソフトの新製品「P-Pointer File Security」を4月に発売する。

同製品は、クライアントおよびサーバに対応した個人情報検出ソフト。従業員や管理者、リアルライムの検出にくわえ、検出後の処理フローを管理画面から設定し、自動で削除や移動などの処理が可能。ファイルの保存場所や日時、暗号化の有無などの条件を設定した検索に対応している。

参考価格は、PC向けの場合、100ライセンスで64万8000円。ファイルサーバ製品の場合、ディスク容量5Tバイト以下の場合、86万4000円。

今後は、パスワードロック、通知機能、APIによる他システムとの連携なども搭載する予定。また従来製品「P-Pointer」「P-Pointer EXA」についても引き続き併売していくという。

(Security NEXT - 2016/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバートラストら、ドローンの脆弱性洗い出しサービス
SIEM製品に新版 - 侵害痕跡の分析も対象に - Dell EMC
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
個人向けESET製品に新版、UEFIスキャン機能など追加
WAFの導入や運用を支援するサービス - JP-Secure
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応