Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

職員が県税関連の書類を鞄ごと紛失 - 広島県

広島県西部県税事務所呉分室の職員が、個人情報含む県税関連の書類を、帰宅途中に鞄ごと紛失していたことがわかった。

3月18日、職員が業務について再確認するための参考資料として、過去に窓口で発行された納税証明書の写しなどを無断で事務所から持ち出したが、移動途中で所在がわからなくなったという。

JR呉駅から電車に乗車して移動したが、広島駅に到着した21時過ぎに足元に置いていたリュックサックがなくなっていることに気が付いた。紛失したのは、納税者の氏名や住所、納税額が記載された納税証明書の写しなど5件ほどと見られている。

対象となる納税者は不明。同県では、個人情報の持ち出し禁止を再度周知徹底するよう全県税事務所に指示した。

(Security NEXT - 2016/03/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

小学校で2クラス分の「緊急時引き渡しカード」を紛失 - 静岡市
医療助成費支給の申請書類を紛失、支給遅延も - 大阪市
支援学校で個人情報含むHDDが紛失、盗難の可能性 - 大阪府
住民の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 習志野市
顧客リストを一時紛失、翌日回収 - 愛知県のケーブルテレビ会社
取引先情報など含む業務用携帯電話を紛失 - 医療機器メーカー
生徒情報など含む名簿を一時紛失、公衆電話で住民発見 - 大阪の支援学校
顧客情報含む伝票綴りを箱ごと紛失、取り違えて廃棄か - 豊和銀
水泳大会で取材申込書などを紛失 - 日本障がい者スポーツ協会
学生や関係者の個人情報紛失、匿名で送付 - 共立女子大