Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MOTEXのMDM、「Windows 10」と「AD」に対応

エムオーテックスは、スマートデバイスの管理ソリューション「LanScope An」の最新版を提供開始した。

同製品は、スマートフォンやタブレット端末の管理ソリューション。資産管理をはじめ、セキュリティ対策、アプリの稼働や端末の位置情報、操作ログの取得が可能。

最新版となる「同Ver.2.5」では、「Windows 10」および「Active Directory」に対応。複数ログオンユーザー環境に対応しており、ログオンするユーザーを変更した場合でも利用できる。さらに、インターネット接続にプロキシサーバを利用する環境でも利用できるようになった。

(Security NEXT - 2016/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
中小企業向けテレワークのセキュリティガイドライン - CSAJ
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
ID-based Securityイニシアティブが発足
NEC、月額制のクラウド型IRMソリューションを6月より提供開始
標的型攻撃で狙われる「Active Directory」保護の対策資料 - 優先順位踏まえ具体的に解説
MS、1カ月ぶりの月例パッチを公開 - 公開済み脆弱性や複数ゼロデイ脆弱性に対処
ノベル、ID追跡機能を強化したSIEM製品新版