Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、国内初のIoT製品開発方針を策定 - リスク想定した開発を

情報処理推進機構(IPA)は、自動車や家電をはじめとするIoT製品の開発において、考慮すべきリスクや対策について、指針を策定した。「IoTセキュリティガイドライン」への採用を求め、積極的に提案していく方針。

今回策定したのは、「つながる世界の開発指針」。特定の製品分野や業界に依存せず、分野横断的に活用できる内容として取りまとめたという。

製品の開発ライフサイクル全体において考慮すべき17のポイントを取り上げ、具体的なリスクや対策の事例を解説。製品開発時のチェックリストとしても活用できる。

同機構では、2015年8月に有識者による「ワーキンググループ」を発足。あらゆるモノが接続されるIoT(Internet of things)製品の開発における考慮すべきリスクや対策について検討を進めていた。今後は、「IoT推進コンソーシアム」による「IoTセキュリティガイドライン」への採用を積極的に提案していくという。

20160324_ip_001.jpg
17の開発指針(画像:IPA)

(Security NEXT - 2016/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トラフィック解析して不正な通信を遮断する家庭向けWi-Fiルータ
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
トレンドマイクロ、30周年迎えた2018年の事業戦略を発表
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
パナとトレンド、自動車分野のセキュリティで共同開発
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給