Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、IRM製品が「Azure RMS」に対応

NECは、ファイルを自動で暗号化するソフトの最新版「InfoCage FileShell V3.0」を発売した。

同ソリューションは、ファイルサーバ格納時に自動でファイルを暗号化するソフトウェア。暗号化したファイルの閲覧や編集を、「Active Directory」で設定した範囲内に制限できる。

最新版では、「Office 365」向けにユーザーIDの管理機能や認証機能を提供する「Azure Active Directory Rights Management」と連携できる。価格は1ライセンスあたり1万4040円。

また「持出閲覧形式保護オプション」をあらたに追加しており、閲覧専用ツールを利用することで、暗号化されたファイルを外部との共有が可能。外部へ流出した場合に遠隔で消去できる。同オプションの価格は、1ライセンスあたり4212円。

(Security NEXT - 2016/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
データ暗号化製品を名称変更 - ESET
ランサム「ZeroFucks」「LooCipher」の被害者向けに復号ツール
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開