Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、IRM製品が「Azure RMS」に対応

NECは、ファイルを自動で暗号化するソフトの最新版「InfoCage FileShell V3.0」を発売した。

同ソリューションは、ファイルサーバ格納時に自動でファイルを暗号化するソフトウェア。暗号化したファイルの閲覧や編集を、「Active Directory」で設定した範囲内に制限できる。

最新版では、「Office 365」向けにユーザーIDの管理機能や認証機能を提供する「Azure Active Directory Rights Management」と連携できる。価格は1ライセンスあたり1万4040円。

また「持出閲覧形式保護オプション」をあらたに追加しており、閲覧専用ツールを利用することで、暗号化されたファイルを外部との共有が可能。外部へ流出した場合に遠隔で消去できる。同オプションの価格は、1ライセンスあたり4212円。

(Security NEXT - 2016/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品