Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

確定申告書が税務署内で所在不明に - 国税局

提出された2015年分の一部確定申告書が所在不明になっていることがわかった。

尾張瀬戸税務署において、2月下旬から3月3日にかけて、記載事項の変更などの目的で同署に再提出された確定申告書が所在不明となっているもの。処理の途中で明らかとなり、このうち5件については提出者の特定ができないという。

対象の期間中に確定申告書を提出している場合は、紛失の対象である可能性もあることから、同署では心当たりがある場合、問い合わせをするようアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2016/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
2015年上半期の標的型攻撃は1472件 - C&Cサーバ38台をテイクダウン