Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTと三菱重工、重要インフラのセキュリティ技術で共同研究

20160322_nm_001.jpg

NTTと三菱重工業は、重要インフラで利用する制御システムなどのサイバーセキュリティ技術に関し、共同研究を進めることで合意した。

今回の合意により、三菱重工の制御技術とNTTのセキュリティ技術を連携。発電設備をはじめとする制御システム向けのセキュリティ技術について開発を目指す。

具体的には、三菱重工が都内に開設した「サイバーラボ」を研究成果の実証拠点として活用。NTTが研究開発を進めてきたセキュリティエンジンをベースに、未知の攻撃をリアルタイムに検知する技術や、重要インフラの運転を止めずに対策を行う技術を共同で開発。各製品を模したモデルを使って、効果の検証を進めていく。

(Security NEXT - 2016/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
「IE」にゼロデイ攻撃が発生 - 定例外の修正パッチが公開
北朝鮮関与「HIDDEN COBRA」のツールに新亜種 - 米政府が情報公開
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
「Cisco UCS Director」など複数Cisco製品に深刻な脆弱性
Wind Riverが提供するRTOSに複数の脆弱性
セキュリティ製品の「VPN」機能に相次いで脆弱性
Palo AltoのVPN機能旧版にRCEの脆弱性 - バージョンの確認を
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
「データ破壊」狙うイランのサイバー攻撃が増加 - 米政府声明