Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android向けランサムウェアが日本語に対応 - 雑な設定、iTunesカードを要求

国内においてAndroid端末をロックし、使用できなくするランサムウェアが出回っている。不自然な言い回しが目立つものの、はじめて日本語に対応したAndroid向けのランサムウェアだという。

20160318_tm_001.jpg
日本語対応した「AndroidOS_Locker」(画像:トレンドマイクロ)

調査を行ったトレンドマイクロによれば、被害の原因となったのはランサムウェア「AndroidOS_Locker」。誤ってAndroidへインストールすると、端末を操作できなくし、解除と引き替えに対価を要求する。

「System Update」といったアプリを装い、サードパーティなどのアプリマーケットで流通しているとみられ、国内において2016年3月10日前後よりSNSなどで被害報告が寄せられている。

言語によって、国旗や捜査機関のマークなどを表示し、「罰金」などとして日本語により対価を要求。トレンドマイクロが把握しているAndroid向けのランサムウェアにおいて、はじめて日本語表示へ対応したマルウェアだという。

しかし、法務省に見せかけようとしたとみられる記載は「MINISTRY OF JUSTICE」と英語のままであったり、不自然な日本語表現など目立つ。政府の関連機関を装うも、要求内容が1万円分のiTunesカードであるなど、悪意あるソフトウェアによる恐喝であることを判断することは、容易なものだった。

しかしその一方、同ランサムウェアはインストール時に管理者権限を要求するため、誤って有効化してしまうと、アンインストールができなくなり、ランサムウェアと気が付いた時点で端末がロックされ、利用できなくなる。同社によれば、感染した場合、「セーフモード」で端末を起動することにより、アンインストールできる場合もあるという。

同社は、Androidに関してもPCと同様に今後日本語へ対応したランサムウェアの増加が予想されるとし、アプリの入手は信頼できるアプリストアより行い、その場合でも開発者や利用者のレビュー、インストール数などへ気を付けるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト