Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一時「Lenovo」のスタートページから「Angler EK」に誘導か - F-Secure指摘

F-Secureは、Lenovoのポータルサイトが侵害を受け、一時的にエクスプロイトキット「Angler」へリダイレクトされる状態が発生していた可能性があるとの見解を明らかにした。

同社製品利用者より提供される検知レポートを根拠に同社研究者のSean Sullivan氏が指摘したもの。同氏によれば、侵害を受けた可能性があるのは、Lenovoがブラウザ向けに用意しているスタートページ「startpage.lenovo.com」。3月13日に「Angler EK」へ一時リダイレクトされる状態が発生していたという。

同氏は、誘導されたのは短時間としているが、「Angler」がランサムウェア「TeslaCrypt」の感染に利用されており、閲覧を通じて感染するおそれがあったという。

(Security NEXT - 2016/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
ランサムに感染、データ損害は確認されず - シミックグループ
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増