Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「リベンジポルノ」削除依頼の8割が削除へ - 拡散前に早期相談を

セーファーインターネット協会(SIA)は、同協会による削除依頼の対応状況を明らかにした。2015年に削除依頼した違法および有害情報は6898件で、そのうち76%にあたる5329件が削除されたという。

同協会では、インターネット上の違法および有害情報に関する相談や通報の受け付け、警察への通報、情報の削除依頼などを行う事業を展開しており、2015年実績を取りまとめた。

把握したインターネット上の違法および有害情報は7064件で、そのうち95%にあたる6744件が国外サイトに掲載された情報だったという。削除を依頼した違法および有害情報は6898件で、その76%にあたる5329件が依頼どおり削除された。

「児童ポルノ」については同協会による自主パトロールの影響から、削除依頼件数は5466件と、2014年の86件から大幅に増加。削除率は79%で4333件が削除された。

別れた元配偶者や元恋人が仕返しとして、相手のプライベートな画像や性的な画像などを無断でインターネット上に公開する「リベンジポルノ」に関しては、25件の相談が寄せられ、それに基づく削除依頼数は472件。そのうち81%にあたる381件が削除された。削除までに要した期間は3日以内が6割、2週間以内が8割だった。

インターネット上に公開された画像などは、時間の経過とともに拡散し削除が難しくなるとし、早期対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言
JPCERT/CC、都内でアナリスト向けのカンファレンスイベント
2016年度のマイナンバー関連事故は165件 - 6件が「重大な事態」
LINE、捜査機関に対する情報開示状況を公開
保有件数5000件以下の中小企業向けにサポートページ - 個人情報保護委
「MongoDB」の探索行為、国内でも増加を観測 - 「ビッグデータ」が標的に
「他人に個人情報を公開された経験がある」14.4% - 3割強が削除依頼など対応
ランサム被害者の15%が支払に応じる - 5万円以上が3割超
個人データ漏洩、報告は「努力義務」で不要な場合も - 個人情報保護委がパブコメ実施
ロボット技術のZMP、顧客情報流出で上場延期