Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックと三重県警、共同対処協定を締結

ラックと三重県警察本部は、サイバー犯罪対策に向けて共同対処協定を締結した。

同県では5月に伊勢志摩サミットの開催も控えているほか、同県内における増加するサイバー犯罪の未然防止や被害拡大防止に向けて、官民による協力体制を確立したもの。

今回の協定に基づき、サイバー犯罪に関する情報交換をはじめ、犯罪手口に関する情報、犯罪調査に関する手法や技術などを提供。広報面でも連携を進める。

(Security NEXT - 2016/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客情報含む携帯端末を営業活動中に紛失 - ハナ信組
顧客情報含む検針用端末がバイクごと盗難 - 京葉ガス
「memcached」狙う攻撃者、増幅可能な他プロトコルも物色
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
「Drupal」脆弱性、国内で1日あたり数万件規模のアクセス - 70カ国以上から
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告
市施設で児童の画像含むメモリカードが盗難、職員が逮捕 - 印西市