Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックと三重県警、共同対処協定を締結

ラックと三重県警察本部は、サイバー犯罪対策に向けて共同対処協定を締結した。

同県では5月に伊勢志摩サミットの開催も控えているほか、同県内における増加するサイバー犯罪の未然防止や被害拡大防止に向けて、官民による協力体制を確立したもの。

今回の協定に基づき、サイバー犯罪に関する情報交換をはじめ、犯罪手口に関する情報、犯罪調査に関する手法や技術などを提供。広報面でも連携を進める。

(Security NEXT - 2016/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省ら、ISP経由でマルウェア感染者に注意喚起 - 欧州大規模掃討作戦で得られた情報を活用
作業中に車上荒らし、顧客情報が盗難 - 大丸エナウィン
5358番ポートへのアクセスが増加、「Mirai」と異なるIoTボットネットか
契約者の個人情報含む携帯端末を紛失 - NHK
段ボール箱開き個人情報含む書類がトラックから飛散 - 岩国市
10分ほどの駐車中に車上荒らし、学生情報など被害 - 名大
通販サイトに不正アクセス、クレカ情報流出 - ヤマサちくわ
都税支払サイトからクレカ情報67.6万件が流出か - 「Apache Struts 2」の脆弱性突かれる
IIJ、セキュリティ技術向上で兵庫県警を支援
小学校で児童の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 守山市