Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックと三重県警、共同対処協定を締結

ラックと三重県警察本部は、サイバー犯罪対策に向けて共同対処協定を締結した。

同県では5月に伊勢志摩サミットの開催も控えているほか、同県内における増加するサイバー犯罪の未然防止や被害拡大防止に向けて、官民による協力体制を確立したもの。

今回の協定に基づき、サイバー犯罪に関する情報交換をはじめ、犯罪手口に関する情報、犯罪調査に関する手法や技術などを提供。広報面でも連携を進める。

(Security NEXT - 2016/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
元従業員が取引先情報を無断持出 - システム開発会社
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
会員の個人情報含むPCが盗難被害 - 筑西遊湯館
サイト売買仲介サービスから顧客情報約1.4万件が流出 - GMO
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
高齢者の個人情報含む名簿が所在不明 - 名古屋市
委託先医療機関で乳がん検診受診者のX線フィルムなど盗難 - 富田林市