Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑な「自動巡回プログラム」への対策ソリューション

アカマイ・テクノロジーズは、ウェブサイトを訪問する「自動巡回プログラム」を管理する「Akamai Bot Manager」を発表した。

同ソリューションは、ウェブサイトを訪問する自動巡回プログラムを識別。競合企業などによる情報収集やサービスの妨害、買い占め、リソースの消費といったビジネスへ影響を与えるアクセスに対して、ブロックをはじめ、タイプに応じた対応を行うことができる。

同社が保有するビッグデータより解析したデータを活用。15カテゴリーに分類して1300以上のボットを識別するほか、カスタマイズが可能。未知のボットに対応するリアルタイム検出機能も装備しており、2種類のレポートを提供する。

(Security NEXT - 2016/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
「セキュリティ・キャンプ全国大会2018」参加者募集がスタート
【特別企画】セキュアなIoT活用の重要性が問われる時代に - 安田浩氏
制御システムのセーフティとセキュリティ実現に向けたガイド - IPA
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
学内から外部に不正通信、マルウェア感染端末を特定できず - 成蹊中高
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%