Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑な「自動巡回プログラム」への対策ソリューション

アカマイ・テクノロジーズは、ウェブサイトを訪問する「自動巡回プログラム」を管理する「Akamai Bot Manager」を発表した。

同ソリューションは、ウェブサイトを訪問する自動巡回プログラムを識別。競合企業などによる情報収集やサービスの妨害、買い占め、リソースの消費といったビジネスへ影響を与えるアクセスに対して、ブロックをはじめ、タイプに応じた対応を行うことができる。

同社が保有するビッグデータより解析したデータを活用。15カテゴリーに分類して1300以上のボットを識別するほか、カスタマイズが可能。未知のボットに対応するリアルタイム検出機能も装備しており、2種類のレポートを提供する。

(Security NEXT - 2016/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア「Ims00rry」の無償復号化ツールが公開
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
「WebLogic」に深刻な脆弱性、リモートよりコード実行のおそれ - 4月の修正とは異なる脆弱性
不正ログインで狙われるゲームアカウント - RMTで換金
RDPに総当たり攻撃するボット「GoldBrute」 - 試行ごとに異なるIPアドレス
フロント企業で人材確保していた「FIN 7」 - リーダー逮捕後も活動継続
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント