Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのセキュリティガイド「NIST SP 800-82」に日英対訳版

JPCERTコーディネーションセンターは、セキュリティへ配慮した制御システム(ICS)を構築するためのガイダンス文書「NIST SP800-82 Rev.2」の日英対訳版を公開した。

米国立標準技術研究所(NIST)が発行するセキュリティ関係のレポート「SP800シリーズ」において、「SCADA」「DCS」「PLC」などをはじめとする産業用制御システム(ICS)におけるセキュリティ設定のガイドラインをまとめた「NIST SP800-82 Rev.2」に、日本語対訳を追加したもの。

同資料は、制御システムの設計や設計などに携わるエンジニアや管理者、セキュリティコンサルタント、研究者などを対象に作成された。同資料は、JPCERT/CCのウェブサイトよりダウンロードすることができる。

制御システムの運用中断や第三者による設定変更、誤動作の発生、マルウェアへの感染など、制御システムの破壊や環境への影響、人命が危険にさらされるといったインシデントを防ぐため、システムの構成例などとともに、対策などをまとめている。

(Security NEXT - 2016/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC
工場向け産業用IoT機器、導入時の注意点は? - JPCERT/CCが解説
「Trend Micro CTF 2018」が開催 - 9月に予選、決勝は12月
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料