Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DMに別の顧客の氏名を誤って印字 - 大阪ガス

大阪ガスは、誤った宛名が印字されたダイレクトメール268件を送付したと公表した。

宛名の誤りがあったのは、3月9日に送付したガス機器を紹介するダイレクトメール268件。同社が作成した宛名リストにおいて、氏名と住所の組みあわせがまちがっていたため、ダイレクトメールへ別の顧客の氏名を印字し、そのまま送付してしまったという。

同社では、対象となる顧客を個別に訪問し、説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2016/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元従業員が顧客情報を持ち出し、一部にDM送付 - エステサロン
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
会員宛てDM宛名に誤ってクレジットカード番号を印字 - 南海電鉄
顧客情報が複数サイト上に投稿、過去の不正アクセスで流出か - ZMP
申込書など顧客情報が店舗で所在不明に - デサント
委託先へ預けた顧客情報入りUSBメモリが所在不明 - 大阪の複合施設
中元用DMに別の顧客の届け先情報を印刷 - 酒小売事業者
家電通販サイト「デンキチWeb」へ不正アクセス - セキュリティコード含むクレカ情報流出
会員約1.3万件の不正ログインが判明、個人情報取得が目的か - JR東日本
DMの一部に異なる顧客の氏名を印字 - ベイシア電器