Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、高度安全走行システムを開発する「情報安全システム事業部」を新設

日立オートモティブシステムズは、高度安全走行システムの開発や販売を目指し、「情報安全システム事業部」を4月1日付けで新設する。

新事業部は、「パワートレイン&電子事業部」「エンジン&シャシー事業部」「走行制御事業部」「市販事業部」に次いで設置されるもので、これら既存事業部の製品や日立グループの技術をもとに、電子、電動化製品やコントローラーとソフトによる統合制御技術や通信システムなどの技術を融合させ、高度安全走行システムを開発し、カーメーカーへの提案や販売を推進するという。

新事業部の組織は、事業戦略策定やシステムエンジニアによるソリューション提案などを担当する「グローバル事業企画部」のほか、「設計開発本部」「システム品質保証部」などで構成され、約200人の体制でスタート。今後はより安全な自動車社会の実現に向け、事業拡大を図るとしている。

(Security NEXT - 2016/03/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
ココン、第三者割当増資で約28億円を調達 - セキュリティ診断技術の研究開発を促進
SIPサーバの探索行為が再び増加 - IP電話乗っ取りに注意を
TP-Link製のWi-Fiネットワーク管理ツールに複数脆弱性
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
NEC、虹彩認証の米Tascentに出資 - マルチモーダル生体認証を共同開発
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック