Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Twitterへ差別的な書き込みをした職員を懲戒処分 - 岐阜県

岐阜県は、Twitter上へ不適切な書き込みを80回にわたり繰り返し行っていたとして、職員に対して懲戒処分を行った。

同県によれば、同職員は2015年9月7日から11月29日にかけて、Twitterへ差別的な主張を含む不適切な内容を80回にわたり書き込み。同年10月1日および5日の勤務時間中、Twitter上に私的な書き込みを4回行っていたという。

同県では同職員に対し、減給10分の1(1カ月)とする懲戒処分を決定。また監督者2人に対し口頭による注意を行った。

(Security NEXT - 2016/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宅建業者の情報提供システムに再び不正アクセス - 東京都
高技専で入学願書を誤廃棄、移転作業時に - 大阪府
個人情報含む国庫補助申請の関連書類を紛失 - 美咲町
女児虐待死事件、アンケート提供理由に職員処分 - 野田市
個人情報を不正取得、住民に押しかけた職員を懲戒免職 - 高崎市
不正データ操作や迷惑メール送信で職員を処分 - 奈良市
小学校職員を懲戒処分、個人情報持ち出しや紛失書類の偽造で - 仙台市
紙相撲の駒に個人情報、不注意で - 児童向けデイサービス
OTPトークン盗み不正アクセス、奈良県職員が懲戒免職
山形市、ふるさと納税者約1万人の個人情報が流出、一部与信情報も - 関係者を処分