Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部Cisco製スイッチに深刻な脆弱性 - ルート権限でアクセスされるおそれ

Cisco Systemsは、同社スイッチ「Cisco Nexusシリーズ」が影響を受ける複数の脆弱性が見つかったとしてセキュリティアップデートを公開した。脆弱性によって対象となるソフトウェアのバージョンや製品は異なるが、深刻な脆弱性も含まれており注意が必要だ。

同社スイッチ「Cisco Nexus 3000シリーズ」「同3500シリーズ」において、深刻な脆弱性「CVE-2016-132」が明らかとなったもの。「Cisco NX-OSソフトウェア」の一部バージョンに脆弱性が存在し、認証なくリモートよりルート権限でシェルに対するアクセスが可能になるという。

具体的には、インストール時にデフォルトで固定されたパスワードを持つユーザーアカウントが作成されるもので、システムの機能に影響を与えるため、変更や削除なども行うことができないという。

さらに「Cisco NX-OSソフトウェア」の一部バージョンには、TCPパケットの処理でサービス拒否に陥る脆弱性「CVE-2015-0718」が存在。またSNMPパケットの処理によりサービスが停止する「CVE-2015-6260」も判明している。

同社では、脆弱性を修正するアップデートを用意。利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供
VMwareの「AirWatch Console」に深刻な脆弱性 - 認証回避のおそれ
ソニーの音楽管理アプリに脆弱性 - 不正ファイル実行のおそれ
ソースコード管理システム「User-friendly SVN」にXSS脆弱性
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート - 脆弱性5件を解消
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
Apple、アップデート「iOS 12.0.1」をリリース - バグや脆弱性を修正
ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に8件の脆弱性