Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部Cisco製スイッチに深刻な脆弱性 - ルート権限でアクセスされるおそれ

Cisco Systemsは、同社スイッチ「Cisco Nexusシリーズ」が影響を受ける複数の脆弱性が見つかったとしてセキュリティアップデートを公開した。脆弱性によって対象となるソフトウェアのバージョンや製品は異なるが、深刻な脆弱性も含まれており注意が必要だ。

同社スイッチ「Cisco Nexus 3000シリーズ」「同3500シリーズ」において、深刻な脆弱性「CVE-2016-132」が明らかとなったもの。「Cisco NX-OSソフトウェア」の一部バージョンに脆弱性が存在し、認証なくリモートよりルート権限でシェルに対するアクセスが可能になるという。

具体的には、インストール時にデフォルトで固定されたパスワードを持つユーザーアカウントが作成されるもので、システムの機能に影響を与えるため、変更や削除なども行うことができないという。

さらに「Cisco NX-OSソフトウェア」の一部バージョンには、TCPパケットの処理でサービス拒否に陥る脆弱性「CVE-2015-0718」が存在。またSNMPパケットの処理によりサービスが停止する「CVE-2015-6260」も判明している。

同社では、脆弱性を修正するアップデートを用意。利用者に注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Visual Studio Code」に権限昇格の脆弱性 - 修正を実施
「BIND 9.14」にサービス拒否など複数脆弱性
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性68件を修正
「Java SE」の最新版がリリース - 脆弱性20件に対処
Oracle、定例アップデートで219件の脆弱性を修正
「Cisco Aironet」シリーズに複数の脆弱性 - 設定変更やDoSのおそれ
VMwareの「Harbor Container Registry for PCF」に深刻な脆弱性
WP向けグラフ作成プラグインにSQLiなど複数脆弱性
「sudo」に権限設定バイパスのおそれ - rootでコマンド実行可能に
Adobe、「AEM」「Download Manager」に脆弱性 - 定例外パッチ公開