Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月はフィッシング報告が倍増 - 98%が金融機関ターゲット

2月にフィッシング対策協議会に寄せられた報告数は2935件に達し、前月から倍増したことがわかった。誘導先のURLや悪用されたブランド数も増加している。

2月に同協議会へ寄せられたフィッシングの報告数は2935件。前月の1476件から急増した。2015年後半は300件前後で推移するなど、比較的落ち着いていたが、2000件を突破した2015年12月以降、高い水準を保っている。

フィッシングサイト攻撃の誘導先となるURLも大幅に増加し、前月から161件増となる458件だった。フィッシングに悪用されたブランド件数も、28件と前月を8件上回った。

フィッシングの内容は従来の傾向と変わらず、金融機関を偽装したケースが圧倒的に多い状況で、1月は報告全体の87%だったが、2月はさらに上昇して98%を占めた。SMSを利用するケースも引き続き確認されている。

割合は下がっているが、オンラインゲームや通信事業者を騙る攻撃も継続しているため、金融機関以外にも警戒を払う必要がある。特に2月はAmazonを偽装したフィッシングサイトも見つかっており、通販サイトのフィッシングにも要注意だ。

(Security NEXT - 2016/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も