Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

飲食店で預けた鞄が別人の手に - 個人情報が所在不明

不動産仲介業を展開するワールド・エステートは、顧客情報が入った鞄を飲食店で預けたが、その後所在がわからなくなっていることを公表した。

同社によれば、トラブルが発生したのは2月15日。従業員が業務後に立ち寄った飲食店で鞄を店に預けたが、店側が誤ってほかの客に鞄を渡し、所在不明になっているという。

鞄には、同社が販売を受託している分譲マンションに関する顧客23人分の氏名や年齢、勤務先名などを記載した書類が入っていた。同社では対象となる顧客に連絡し、謝罪している。

(Security NEXT - 2016/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

顧客情報など約2.6万件を従業員が持ち出し、ネット上に保存 - 千葉県の不動産会社
サーバに不正アクセス、ランサムウェア設置は回避 - 日本不動産鑑定士協会連合会
新規物件情報メールを誤送信 - 神奈川の不動産会社
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多
国交省関連サイトへの不正アクセス - 流出被害は未確認
国交省関連サイトから情報流出の可能性 - 「Struts 2」脆弱性突かれ不正プログラム設置
情報メールの誤送信で顧客のメアド流出 - 不動産会社
セミナー案内メール誤送信 - 大分の建設会社
ランサムウェア攻撃が前年比167倍に - 「RaaS」普及が急増を後押し
Pマーク事業者に関する苦情や相談、2015年度は329件