Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プル型CDNに「Forwarding Loop攻撃」を受ける可能性 - リソースを大量浪費

コンテンツデリバリネットワーク(CDN)をサービス拒否の状態にさせる「Forwarding Loop攻撃」が存在するとして、CDN事業者に対し、セキュリティ機関が注意を呼びかけている。

要求に応じてオリジナルのサイトよりデータを取得し、一時的にキャッシュサーバへデータを保存する「プル型CDN」の設定状況によっては、悪意あるユーザーがデータ転送の内部ループ状態を生じさせ、大量のリソースを消費させることによるDoS攻撃が可能であることが研究によって判明したという。

米国では、研究者とCERT/CCにより、影響を受けることが判明している CDN 事業者に連絡を行っている。JVNでは、CDN事業者に対して脆弱性の影響を受けるかどうか、確認するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
DNSやLDAPによる増幅攻撃を観測 - 複合型のDDoS攻撃も
MQTTプロトコル汎用ライブラリの旧版にDoS攻撃受ける脆弱性