Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2015年4QのDDoS攻撃は約4割増 - 188回攻撃を受けた組織も

アカマイ・テクノロジーズは、2015年第4四半期に同社が観測したDDoS攻撃の状況を取りまとめた。DDoS攻撃は前四半期を4割上回っており、特定のターゲットに対して繰り返し攻撃が行われるケースが目立っている。

同四半期には3600件以上のDDoS攻撃を観測。前四半期から39.9%増、前年同期との比較では148.9%増となった。平均攻撃時間は前期の18.8時間から14.9時間に短縮。大規模攻撃も減少しており、100Gbpsを超える攻撃数が8件から5件へと減少した。

一方、同四半期は特定のターゲットに対し、繰り返し攻撃が行われるケースが目立っており、1件あたりの平均攻撃回数は24回。100回以上の攻撃を受けたターゲットも3件あり、188回にのぼるケースもあった。

攻撃手法を見ると、リフレクション攻撃の増加傾向が続いており、DNSリフレクション攻撃は92%、NTPリフレクション攻撃は57%増加した。複数の攻撃手法を組みあわせた攻撃も増えており、同四半期は56%と半数以上を占めたという。

攻撃対象となった業種を見ると、54%とゲーム会社に対する攻撃が過半数にのぼり、ソフトウェアおよびテクノロジー業界が23%で次に多かった。

(Security NEXT - 2016/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
DNSやLDAPによる増幅攻撃を観測 - 複合型のDDoS攻撃も
政府の脆弱IoT機器調査「NOTICE」、2月20日から - イメージキャラクターにカンニング竹山さん