Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

慶大と日立、サイバーセキュリティを共同研究

慶応義塾大学と日立製作所は、今後のIoT拡大を視野にサイバーセキュリティ分野において共同研究を開始する。

高度化や大規模化が進むサイバー攻撃に対抗するセキュリティ運用管理や、個人情報の安全性に関連する技術の開発に共同で取り組むもの。

IoTなどの技術により、多種多様なシステムが相互につながる「超スマート社会」の実現に向けて、複雑化するセキュリティのニーズに応えるためには、工学的な観点だけでなく人文科学や法制度の観点からの多面的な研究が必要になるとして、今回の共同研究に結びついたという。

今後は世界最高水準のセキュリティ技術の実現を目指すとともに、技術を運用するためのセキュリティ教育や法制度の分野でも連携を強化するとしている。

(Security NEXT - 2016/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー防衛テーマのシンポジウムが熱海で開催
「JVN iPedia」登録件数、前四半期比1.3倍 - 制御システムは161件
サイボウズ、「バグハンター合宿」を開催 - 脆弱性155件を認定
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
IPA、早期警戒パートナーシップガイドラインの改訂案 - 脆弱性取扱を法的側面から整理
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
サイバー防御演習「CYDER」の受講受付開始 - 全国で年100回予定