Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

慶大と日立、サイバーセキュリティを共同研究

慶応義塾大学と日立製作所は、今後のIoT拡大を視野にサイバーセキュリティ分野において共同研究を開始する。

高度化や大規模化が進むサイバー攻撃に対抗するセキュリティ運用管理や、個人情報の安全性に関連する技術の開発に共同で取り組むもの。

IoTなどの技術により、多種多様なシステムが相互につながる「超スマート社会」の実現に向けて、複雑化するセキュリティのニーズに応えるためには、工学的な観点だけでなく人文科学や法制度の観点からの多面的な研究が必要になるとして、今回の共同研究に結びついたという。

今後は世界最高水準のセキュリティ技術の実現を目指すとともに、技術を運用するためのセキュリティ教育や法制度の分野でも連携を強化するとしている。

(Security NEXT - 2016/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「AI/IoTシステムのための安全性シンポジウム」が都内で開催
IoTセキュリティに特化した子会社「ゼロゼロワン」を設立 - ココン
故山口英氏がインターネット殿堂入り - 日本人で6人目
2019年上半期の攻撃パケット、IPアドレスあたり約48万件
スマホ決済アプリ、インストールするも約6割利用せず
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
ラックと九工大、AIによるサイバー攻撃防御を共同研究
10月に「ShowNet」解説イベント - 脅威情報の収集活用がテーマのセッションも
CODE BLUE 2019の基調講演者が決定 - 講演はシングルトラックに
MS、脆弱性調査環境「Azure Security Lab」を新設 - 報償金は最高30万ドル