Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

慶大と日立、サイバーセキュリティを共同研究

慶応義塾大学と日立製作所は、今後のIoT拡大を視野にサイバーセキュリティ分野において共同研究を開始する。

高度化や大規模化が進むサイバー攻撃に対抗するセキュリティ運用管理や、個人情報の安全性に関連する技術の開発に共同で取り組むもの。

IoTなどの技術により、多種多様なシステムが相互につながる「超スマート社会」の実現に向けて、複雑化するセキュリティのニーズに応えるためには、工学的な観点だけでなく人文科学や法制度の観点からの多面的な研究が必要になるとして、今回の共同研究に結びついたという。

今後は世界最高水準のセキュリティ技術の実現を目指すとともに、技術を運用するためのセキュリティ教育や法制度の分野でも連携を強化するとしている。

(Security NEXT - 2016/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
経産省、IoT社会を視野にいれた産業界向けセキュリティフレームワーク - パブコメ実施
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
東京海上日動とWHITE MOTION、自動車分野のセキュリティで提携
政府、重要インフラの安全基準に関する指針改訂でパブコメ実施
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から