Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京都動物愛護センターのサイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ

京都動物愛護センターのウェブサイトが不正アクセスを受けて改ざんされ、閲覧するとマルウェアへ感染するおそれがあったことがわかった。

同センターが委託している外部サーバが不正アクセスを受け、サイトが改ざんされたもの。同センターは、2月27日20時ごろにウェブサイトを閉鎖し、被害状況など詳細を調べている。

改ざんされたウェブサイトを閲覧した場合、マルウェアに感染する可能性があった。改ざんされた日時はわかっていない。同サイトへアクセスしたことがある場合、マルウェアへ感染していないかチェックするよう呼びかけている。

同サイトでは個人情報を保有していないとし、個人情報流出の可能性を否定。また京都府や京都市の公式サイトは別サーバで運用されており、影響はないとしている。

(Security NEXT - 2016/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセス受け、サイトに不正ファイル - 周東総合病院
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
不動産事業者の情報サイト、GWに改ざん被害
都教委の採用に関するサイトが改ざん - 外部サイトへ誘導
TV配信サービスサイトに不正アクセス - 番組画像が改ざん
サイト改ざん、閲覧で別サイトに誘導 - NYKシステムズ
「エコレオンラインショップ」で改ざん - クレカ情報を外部送信
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
最新Wi-Fiセキュ規格「WPA3」に脆弱性「Dragonblood」 - 今後さらなる脆弱性が公表予定