Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話ののぞき見、約5人にひとりが経験 - 女性は3割以上に

約5人にひとりが他人の携帯電話を無断で見たことがあることがわかった。のぞき見をしていた約6人にひとりは、実際にSNSで浮気を発見していたという。

マクロミルが、同社のモニター会員である20代から50代の男女を対象に、携帯電話やSNSの利用動向について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。有効回答数は500件。

同調査によれば、家族や恋人、友人などの携帯電話を無断で見たことがあるか尋ねたところ、22.6%が経験があると回答。男女別に見ると男性は13.6%、女性は31.6%にのぼる。また携帯電話を無断で見たことのある113人のうち、18%がSNSを通じて浮気を発見したことがあったという。

SNSを利用するにあたり、セキュリティや情報流出に関する不安があるか聞いたところ、54.8%が「不安がある」と答えた。若い世代ほど不安を感じる割合が高く、10代では67.7%、20代では59%にのぼる。

多くの利用者が不安を感じる一方、対策は進んでいない。情報流出を防ぐために「何もしていない」利用者が37.5%を占め、40代から50代は5割近い。対策としては「パスワードをかける」が56.8%で最多。「データをこまめに消去」が13.8%、「パスワードを定期的に変更する」が8.7%と続いた。

(Security NEXT - 2016/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
4割弱が物理的なウェブカメラの覗き見対策を実施
日本HP、BIOS保護やウェブ経由のマルウェア感染対策など新機能 - 覗き見防止機能も
Mac狙う新型バックドア「Eleanor」、無料ファイル変換ソフトを装い拡散
日立INS、印刷する前にユーザー認証を実施するセキュアなプリントシステム
2012年の不正アクセス事件検挙件数は前年比2.2倍へ拡大 - 大半がパスワードの不正利用
キーウェア、アドレス帳へのアクセスを警告するAndroidアプリ
不正アクセスでパスワード破られる原因、「フィッシング」「設定甘さ」「関係者」で7割
ネット・タイム、Vista対応のICカード型PCロックソフトを発売