Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OpenSSLに暗号化鍵が特定される脆弱性 - 生成素数に問題

OpenSSL Projectはアップデートを公開し、暗号鍵を特定される可能性がある脆弱性など、複数の脆弱性を解消した。開発グループやセキュリティ機関では注意を呼びかけている。

同ライブラリには、脆弱性「CVE-2016-0701」が存在していることが明らかとなったもの。「Diffie-Hellman(DH)プロトコル」を用いる際、「安全素数」でない素数を生成して使用する可能性があり、一定条件下で暗号鍵を取得されるおそれがある。

また暗号化アルゴリズムがSSLにダウングレードされる「CVE-2015-3197」に対しても修正を行った。開発者グループは、脆弱性を修正した「同1.0.2f」「1.0.1r」を公開。セキュリティ機関などとともにアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2016/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ