Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

iOSのSafariでアドレスバーをタップするとクラッシュ - 国内外で多数報告

iOSに搭載されている標準ブラウザ「Safari」がクラッシュするとの報告が、国内外のソーシャルネットワークなどへ多数投稿されている。

Safariのアドレスバーをタップすると同時にクラッシュするもので、不具合が生じるとアドレスバーから検索を行ったり、URLを入力してウェブブラウズができなくなる。

今回の問題に対し、ユーザーによるSNSへの投稿や一部メディアでは、設定にある「Safari検索候補」をオフにすると、クラッシュを防げると報告。またプライベートブラウジングで発生を防げるとの報告もある。

また本誌編集部でも同様の不具合が発生したが、同端末では「履歴とWebサイトデータを消去」より履歴やCookie、ブラウズデータの消去を行うと、「Safari検索候補」をオフにしなくてもクラッシュの発生を回避できた。

今回の不具合について詳しい原因はわかっておらず、公式見解などは出ていない。報告されている対策は、あくまでユーザー環境における経験則に過ぎないが、いずれもアドレスバーのタップ時に検索候補を表示させない点で共通しており、検索候補にクラッシュを引き起こす不正な文字列が混入したことなどが疑われる。

(Security NEXT - 2016/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Apple、「iOS 11」で脆弱性8件を修正
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
「Adobe Digital Editions」に深刻な脆弱性 - スマホ版にも影響
JMAS、スマホ端末上にデータ残さない音声レコーダーアプリ
2017年2Qの脆弱性登録は3511件 - 制御システム関連は上半期に67件
Apple、アップデート「iOS 10.3.3」をリリース - 脆弱性47件を修正
無料人気アプリ、利用者情報取得も半数超がプラポリ記載や同意なし