Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

手話通訳者登録試験で別人の受験票を誤送付 - 堺市

大阪府堺市は、1月18日から20日にかけて実施を予定している手話通訳者登録試験の受験票を送付した際、92人の受験者に対し誤って別の受験者の受験票を送付していたことを公表した。

問題の受験票は、1月8日に送付したもので、同月10日に受験者から別人の受験票が届いたとの連絡があり、翌11日に送付状況を調査したところ、全受験者94人のうち92人に対し、他人の受験票を送付していたことが判明した。

受験票の郵送に使用する受験者一覧について表計算ソフトで並び替えたが、その際に氏名と住所のデータのずれが生じたのが原因だという。同市では対象となる受験者へ電話で連絡。また書面で謝罪し、正しい受験票を送付する。

(Security NEXT - 2016/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

移植患者情報含む書類をドナーに誤送付 - 日本骨髄バンク
DM宛名を誤印字、リスト作成時の作業ミスで - スカパー
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
一部学費請求書を誤送付、前年データ流用後に作業ミス - 横浜市立大
消費生活センターからの通知文書に名簿を誤って同封 - 堺市
カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀
再委託先がアンケート調査票を誤送付 - 経産省