Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不動産店従業員が芸能人の賃貸物件情報をTwitterへ投稿

不動産事業者であるパキラハウスの従業員が、芸能関係者の賃貸物件情報をTwitterに書き込んでいたことがわかった。すでに書き込みは削除されている。

1月8日に同社従業員が、顧客として訪れた芸能関係者に賃貸物件を案内した後、氏名と物件情報の一部をTwitter上に書き込んだという。この行動に対しネットを中心に批判が集中し、同従業員は翌9日にTwitterのアカウントを削除し、関係者へ謝罪した。

同店は、センチュリー21・ジャパンのフランチャイズへ加盟しており、今回の問題を受け、センチュリー21・ジャパンでも事態を公表し、謝罪した。同社は同店へ厳重注意を行うとともに、全加盟店に対して書面で注意喚起し、研修などを通じて再発防止を目指す。

(Security NEXT - 2016/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ぴあ受託サイトでクレカ情報流出、630万円の不正使用 - 「Struts 2」脆弱性が原因で
中高生向けアプリ「ゴルスタ」、利用者の個人情報をツイート
りそな銀、来店客の情報がSNS上へ漏洩
講演会参加者の個人情報が漏洩 - 交通安全環境研究所
従業員が就職希望者の採用結果を知人に漏洩、SNSへの書き込みで判明 - クックパッド
2ちゃんねるビューアの利用者情報流出、運営会社が件数などを公表
2ちゃんねるへの投稿内容、「2ちゃんねるビューア」側に送信
「2ちゃんねる」の書き込み特定される事態に - 誹謗中傷書き込んだ小説家が謝罪
2ちゃんねるビューアの利用者情報がネット流出 - セキュアコードも流出か
神奈川県内のクリニックから患者情報がネット流出