Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

財務省、マイナンバーの記載を省略できる書類の一覧案

20160122_za_001.jpg
公開された「マイナンバーの記載を省略する書類の一覧(案)」。A4用紙8ページにわたり記載されている

財務省は、マイナンバーの記載が必要とされる書類の見直しに基づき、番号の記載が省略できる具体的な書類の一覧案を公開した。

2015年12月24日に閣議決定された「平成28年度税制改正」の大綱において、マイナンバーの記載を必要としない書類の見直しを行うことが盛り込まれたことから、同省では、個人番号の記載が省略できる具体的な書類の一覧案を公開した。

2016年4月1日から適用される書類と、2017年1月1日から適用される書類に分け、「所得税法関係」「相続税法関係」「消費税法関係」「租税特別措置法関係」「酒税法関係」「たばこ税・揮発油税法等関係」「その他」の分野において個人番号の記載が不要な書類名を掲載している。

(Security NEXT - 2016/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
別世帯の住民票を誤交付、生年月日の入力ミスで - 神戸市
マイナンバー事故、2018年度は279件 - 「重大」3件
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
マイナンバー再委託問題でPマーク認定事業者に注意喚起 - JIPDEC
埼玉県内6自治体のマイナンバー、違法に再委託
マイナンバー含む不適切な業務再委託、国税局以外に171万件 - システムズ・デザイン