Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

財務省、マイナンバーの記載を省略できる書類の一覧案

20160122_za_001.jpg
公開された「マイナンバーの記載を省略する書類の一覧(案)」。A4用紙8ページにわたり記載されている

財務省は、マイナンバーの記載が必要とされる書類の見直しに基づき、番号の記載が省略できる具体的な書類の一覧案を公開した。

2015年12月24日に閣議決定された「平成28年度税制改正」の大綱において、マイナンバーの記載を必要としない書類の見直しを行うことが盛り込まれたことから、同省では、個人番号の記載が省略できる具体的な書類の一覧案を公開した。

2016年4月1日から適用される書類と、2017年1月1日から適用される書類に分け、「所得税法関係」「相続税法関係」「消費税法関係」「租税特別措置法関係」「酒税法関係」「たばこ税・揮発油税法等関係」「その他」の分野において個人番号の記載が不要な書類名を掲載している。

(Security NEXT - 2016/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マイナンバーを異なる法人へ誤送信、システム処理ミスで - 上越市
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
総務相、自治体へマイナンバー制度の推進を要請
ふるさと納税の寄付者に関するマイナンバーなど個人情報を紛失 - 丹波市
未受領で返送されたマイナンバー通知カードを紛失 - 川崎市