Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのセキュリティカンファレンスが開催

JPCERTコーディネーションセンターは、「制御システムセキュリティカンファレンス 2016」を2月17日に開催する。

同イベントは、制御システムのセキュリティをテーマとしたカンファレンス。2009年2月より開催しており、今回は国内外の制御システムにおける脅威の現状や、関連業界で進む取り組みについて紹介する。

ユーザー企業やエンジニアリング会社、システムインテグレータ、製品開発者、研究者など制御システム関係者を広く対象としており、関係機関や大学、インフラ企業から講師を招いて講演を行う。

会場は東京都港区のコクヨホール。参加費用は無料で、事前にメールで申し込む。定員は300人で、定員に達した時点で締め切りとなる。

(Security NEXT - 2016/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
NECプラットフォームズの遠隔監視制御システムに脆弱性
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
横河電機の制御システムに脆弱性 - 一部は要マイグレーション
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
制御システムのセーフティとセキュリティ実現に向けたガイド - IPA