Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムのセキュリティカンファレンスが開催

JPCERTコーディネーションセンターは、「制御システムセキュリティカンファレンス 2016」を2月17日に開催する。

同イベントは、制御システムのセキュリティをテーマとしたカンファレンス。2009年2月より開催しており、今回は国内外の制御システムにおける脅威の現状や、関連業界で進む取り組みについて紹介する。

ユーザー企業やエンジニアリング会社、システムインテグレータ、製品開発者、研究者など制御システム関係者を広く対象としており、関係機関や大学、インフラ企業から講師を招いて講演を行う。

会場は東京都港区のコクヨホール。参加費用は無料で、事前にメールで申し込む。定員は300人で、定員に達した時点で締め切りとなる。

(Security NEXT - 2016/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドイツ政府が懸念する産業用制御システムの10大脅威とは
オムロン製「PLC」に複数の脆弱性
都内で「制御システムセキュリティカンファレンス」を開催
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
システム制御製品「CX-Supervisor」の同梱「TeamViewer」に脆弱性
2019年3Qのインシデント、前期比1.4倍に - フィッシング増加影響
2019年3Q、「JVN iPedia」の新規登録は4999件 - 制御システム関連が累計2000件超に
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立