Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Cyber3 Conference 2015」の報告書が公開

政府は、2015年11月に沖縄で開催した国際会議「Cyber3 Conference Okinawa 2015」の報告書を公開した。

同会議は、世界経済フォーラム(World Economic Forum)の協力のもと、内閣府が2015年11月7日と8日に沖縄県で開催したもの。30カ国から400人を超える政策担当者や企業経営者、有識者などが参加した。

同会議では、「サイバーコネクション」「サイバーセキュリティ」「サイバークライム」の3つのサイバーについて、現状や課題、官民を越えた国際協力の重要性などについて議論し、今回その内容をまとめた報告書を公開した。

サイバーセキュリティでは、東京オリンピックを標的としたサイバー脅威に対し、ロンドンオリンピックでの経験を活かした対策を準備する必要があるとして、さらなる官民連携と国際連携を推進し早急に取り組む。

サイバー犯罪に関しては、国際的な法の枠組みで対応する必要があると指摘。現状の刑事共助条約では不十分で、あらたな手法を開発する必要があるとした。より強力な情報共有を実現するため、世界規模でのマルチステークホルダーによる協力が必要と提言している。

(Security NEXT - 2016/01/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

貸会議室利用者向けメールで誤送信、メアド1875件流出 - サンフロンティア不動産
NRIセキュア、セキュリティのお悩み支援サービス - 過去事例など情報提供
職員が個人情報資料を一時紛失、飲食店主が発見保管 - 長崎県
セミナー案内メール誤送信でメアド流出 - 姫路商工会議所
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所
学生や教職員の個人情報含むPCを紛失 - 北海道科学大
個人情報含む町議会資料を3カ月にわたり公開 - 東浦町
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研