Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

料金収納の払込票が現金とともに盗難 - サークルKサンクス

コンビニエンスストアを展開するサークルKサンクスの店舗で盗難が発生し、料金収納の払込票が被害に遭ったことがわかった。

12月27日2時過ぎに東上野4丁目店で何者かが店舗事務所へ侵入し、売上金と払込票を持ち去ったもの。被害から数分後に店員が気付き、警察に通報した。

事件に先立ち、12月27日1時45分ごろに店長を名乗る人物から電話があり、売上金を事務所の机の上に置いておくよう店員が指示を受けており、その後被害に遭ったという。

被害に遭ったのは、同店で12月26日7時32分から22時56分の間に支払われた料金収納の払込票38件。氏名のみ、または氏名と住所が記載されていた。

料金収納業務に影響はなく、正常に完了しているという。同社では経済産業省や日本フランチャイズチェーン協会へ事態を報告した。

(Security NEXT - 2016/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

契約者の個人情報含む携帯端末を紛失 - NHK
料金収納振込票、運搬袋のファスナー閉めず紛失 - ローソン
料金払込票が回収中に盗難 - サークルKサンクス
料金払込票を輸送途中に回収袋ごと紛失 - ココストア
委託集金員が顧客情報記載の書類を一時紛失 - 九電
2店舗で相次いで盗難事件発生、顧客情報も被害に - ミニストップ
委託業者が顧客情報含む携帯端末を紛失 - NHK
顧客情報含む携帯端末や帳票が委託先で盗難 - NHK
店舗内の事務所で盗難発生、料金払込票が被害 - サークルKサンクス
車両に固定された収納ケースが破壊され顧客情報が盗難 - ファミリーマート