Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kea DHCPサーバ」のログ機能に脆弱性 - クラッシュのおそれ

「Kea DHCPサーバ」において、特定の環境下で外部パケットによりサービスが停止する脆弱性が含まれていることがわかった。修正版が公開されている。

今回の脆弱性「CVE-2015-8373」は、一定のデバッグレベル以上でログを出力している場合に、細工されたパケットを受信するとクラッシュする可能性があるという。内部テストで明らかとなったもので、脆弱性の悪用などは12月22日の時点で確認されていない。

脆弱性が存在するのは、「同0.9.2」「同1.0.0-beta」。脆弱性が生じるデバッグレベルは異なるが、「IPv4」「IPv6」いずれの環境も含まれる。

脆弱性を修正した「同0.9.2-P1」「同1.0.0-beta2」を公開。また攻撃の回避策として、ログ出力におけるログレベルの調節や、ログ出力の無効化などをアナウンスしている。

(Security NEXT - 2015/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部MSアプリで「OAuth」設定に不備 - アカウント奪取のおそれ
「Firefox 71」が登場、脆弱性11件を修正
資産管理製品「LanScope」に権限昇格の脆弱性
パッチ公開翌日から「PHP-FPM」への攻撃を観測 - PHP環境の情報収集も
WP向けスペルチェックプラグインにCSRFの脆弱性
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
「WhatsApp」だけではない、Android向けGIF処理ライブラリの脆弱性に注意
トレンドマイクロ「Deep Security」など複数製品に脆弱性
WordPress向けプラグイン「Jetpack」に脆弱性