Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東京電機大の次期学長に安田浩氏

東京電機大学は、次期学長が同大大学院未来科学研究科の特別専任教授である安田浩氏に決定したと発表した。就任日は2016年4月1日で任期は4年間。

同氏は、ネットワークセキュリティをはじめとする応用情報工学の研究で活躍。同大未来科学部長や同大大学院未来科学研究科委員長、先端科学技術研究科委員長を2015年3月まで務めた。現在は同大大学院未来科学研究科の特別専任教授。

学外においても、IEEEのライフフェロー、電子情報通信学会、情報処理学会、映像情報メディア学会、画像電子学会の名誉員のほか、東京大学大学院情報学環の寄付講座「セキュア情報化社会研究グループ(SISOC-TOKYO)」において、東京大学特任教授として副グループ長を担当。(ISC)2のボードメンバーや電気科学技術奨励会会長、日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)会長をはじめ、要職を務めている。

(Security NEXT - 2015/12/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
ダークウェブの情報収集を産官学で共同研究 - 神奈川県警ら
スタートアップのFlatt、約2.2億円を調達
総務省、JPRSに「.jp」ドメインの適切な管理を要請 - 不適切利用問題受け
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増
「辻井重男セキュリティ論文賞」を発表 - 大賞など7件を選定
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」が決定 - 2名1団体が受賞
5秒の自然会話で認証する技術を開発 - NEC
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大