Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

英Sophos、蘭SurfRightを買収 - 不正メモリ操作の検知技術を取得

英Sophosは、蘭SurfRightを買収したと発表した。定義ファイルへ依存しない脅威検知技術を取得し、同社エンドポイント製品へ活用していくという。

今回買収されたSurfRightでは、ゼロデイ攻撃や標的型攻撃などにおいて、シグネチャーを用いずに不正なメモリ操作を検知し、悪意あるコードの実行を防御する技術のほか、マルウェアの活動を遮断。ランサムウェアやスパイウェアの防御技術などの開発に取り組んでいるという。

Sophosでは、ネットワークとエンドポイントのセキュリティが連携して脅威を防御する「Synchronized Security」戦略を打ち出しており、今後SurfRightの技術を活用していくと説明。脅威の検知速度向上や、インシデントの調査と対処に必要な時間とリソースを削減などを目指す。

(Security NEXT - 2015/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Accenture、BroadcomからSymantecのセキュリティサービス事業を買収
IoTセキュリティのスタートアップを買収 - チェック・ポイント
クラウド設定ミス対策のCloud Conformityを買収 - トレンド
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
VMware、Carbon Blackの買収で合意
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
脅威と対策のギャップ評価プラットフォームを展開するVerodinを買収 - FireEye
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
ココン、クロスワープのセキュリティ部門を取得
BlackBerry、14億米ドルでCylanceを買収 - エンドポイントや車載向け製品などを強化