Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

堺市の職員データ持出、あらたに有権者情報68万人分の漏洩が判明

同市によると、流出した個人情報を特定するため、職員宅や職場で使用していたパソコンやハードディスクを押収したが、すでに削除や初期化するなど証拠が隠滅されていたという。

外部業者を用いてパソコンやハードディスクのファイルの復元を実施。レンタルサーバ上のファイルも削除されていたが、残存するファイルの操作ログから、レンタルサーバに保存されたファイルにおいて、外部からアクセスされたファイルを特定した。

同市では、データを持ち出した職員を懲戒処分とし、免職するとともに刑事告訴を検討している。またデータを提供した職員をはじめ、関係者を処分した。

情報が漏洩した関係者へ文書により謝罪するほか、外部よりアクセスした人物へ情報提供やデータの返却、消去など協力を求めるために接触を試みている。

(Security NEXT - 2015/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者情報含むUSBメモリ紛失、拾得 - 島根大付属病院
従業員による個人情報売却、国内顧客に影響なし - トレンドマイクロ
RIZAPのメールアカウントが乗っ取り被害
生徒情報など含む名簿を一時紛失、公衆電話で住民発見 - 大阪の支援学校
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 富山大
課外講座の受講者など個人情報含むUSBメモリ紛失 - 近畿大
元職員が個人情報を持ち出し、選挙活動に利用か - 平塚市
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
従業員の給与明細など含むUSBメモリを紛失 - 高木工業
検査結果など含む私物USBメモリが所在不明 - 福知山市民病院