Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

民生委員が高齢者世帯生活調査票や災害時用名簿を紛失

東京都台東区は、民生委員が個人情報を含むファイルや名簿を自宅で紛失したことを公表した。家族が誤って処分してしまった可能性が高いという。

同区によれば、民生委員が書類を使って自宅で作業を行っていたが、12月4日に書類が見当たらないことに気付いたという。民生委員は、11月中旬に書類を使用したが、以降の所在がわからないという。

紛失したのは57世帯79人分の「ひとり暮らし等高齢者世帯生活調査票」。氏名や住所、電話番号、性別、生年月日、年齢、世帯状況、緊急連絡先などが含まれる。また76人の氏名と住所が記載された「災害時要請援護者名簿」が同じ区所在がわからない状態だという。

同委員は、これら書類を外部へ持ち出しておらず、家族が誤って廃棄した可能性が高いと説明しているという。

(Security NEXT - 2015/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

民生委員の自宅から個人情報入り鞄が盗難 - 大崎市
高齢者名簿など個人情報含む書類が車上荒らし被害 - 札幌市
民生委員の実家で盗難、個人情報が被害 - 八千代市
紛失や誤送付など個人情報関連の事故3件が判明 - 板橋区
民生委員の自宅で盗難、高齢者名簿が被害 - 横浜市
独居高齢者の個人情報含む書類を一時紛失 - 大阪府
高齢者の個人情報含む生活実態調査リストを紛失 - さいたま市
生活保護受給者名簿を一時紛失、同日中に回収 - 大阪市
民生委員が高齢者の個人情報含むリストを紛失 - 目黒区
定額給付金の申請困難者リストを庁舎内で紛失 - 北九州市