Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「DiXiM Store」に不正アクセス- クレカ情報が流出か

ソフト開発会社デジオンが運営するオンラインストア「DiXiM Store」が、不正アクセスを受けていたことがわかった。購入者のクレジットカード情報が外部へ流出した可能性のある。

10月2日に決済代行会社からクレジットカード情報流出の可能性について指摘を受けて問題を把握。調査会社の最終報告を待って公表した。すでに所管官庁には報告を行っているという。

システムの脆弱性が原因で、8月1日から9月11日までの間に同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード番号、カード名義、有効期限、セキュリティコードなど最大480件が流出した可能性がある。

同社では、対象となる顧客へメールで事情を説明。身に覚えのない請求がないか確認するようアナウンスしている。

また一時的にシステムを停止しており、脆弱性に対して順次修正を進めている。サイトの停止にともない、テレビ視聴アプリ「DiXiM Play」の無料ライセンスを2016年1月31日まで提供する予定。

(Security NEXT - 2015/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
CGソフト通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性