Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「DiXiM Store」に不正アクセス- クレカ情報が流出か

ソフト開発会社デジオンが運営するオンラインストア「DiXiM Store」が、不正アクセスを受けていたことがわかった。購入者のクレジットカード情報が外部へ流出した可能性のある。

10月2日に決済代行会社からクレジットカード情報流出の可能性について指摘を受けて問題を把握。調査会社の最終報告を待って公表した。すでに所管官庁には報告を行っているという。

システムの脆弱性が原因で、8月1日から9月11日までの間に同サイトでクレジットカード決済を利用した顧客のクレジットカード番号、カード名義、有効期限、セキュリティコードなど最大480件が流出した可能性がある。

同社では、対象となる顧客へメールで事情を説明。身に覚えのない請求がないか確認するようアナウンスしている。

また一時的にシステムを停止しており、脆弱性に対して順次修正を進めている。サイトの停止にともない、テレビ視聴アプリ「DiXiM Play」の無料ライセンスを2016年1月31日まで提供する予定。

(Security NEXT - 2015/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
肉加工食品通販サイトに不正アクセス - 情報流出でカード不正利用の可能性
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
事務用品通販サイトの顧客情報流出 - クレカ流出件数を修正
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も