Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ディアイティ、「NIRVANA改」の商用版 - 自動防御機能を搭載

ディアイティは、情報通信研究機構(NICT)が開発したサイバー攻撃分析プラットフォーム「NIRVANA改」を商用化した「WADJET」を2016年1月より提供する。

同製品は、組織内ネットワークを流れる通信をリアルタイムで観測し、各種セキュリティ機器からのアラートを集約してサイバー攻撃の状況を可視化する「NIRVANA改」に、同社が独自に開発した分析機能を搭載したもの。

インシデント発生時には、ファイアウォールやスイッチなどのネットワーク機器を自動的に制御し、異常な通信の遮断や感染ホストの隔離を行う自動防御機能が動作する。

価格は、マネージメントシステムが129万6000円。センサシステムとゲートシステムがいずれも270万円。アラート情報収集システム、可視化システム、分析システム、防御システムがともに378万円。

(Security NEXT - 2015/11/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

dit、「NIRVANA改」ベースの「WADJET」新版を提供 - ダークネットに対応
NICT、「SECCON」向けにあらたな攻防戦の可視化システムを提供
「NIRVANA改」、アラートの統計情報をグラフィカルに表示可能に
「NIRVANA-R」がSyslog対応 - アラート発行でパケットキャプチャ
NICT、攻殻機動隊の世界観目指したCTF可視化エンジンを開発
NICTら、制御システムの異常トラフィック検知技術を開発 - マルウェア通信を早期検知
日本ラッド、アラート機能を追加した「NIRVANA-R」をリリース
セキュリティ製品への注目集まる「Interop Tokyo 2015」
【Interop】セキュリティを可視化する「NIRVANA 改」が人気
「NIRVANA改」がさらに進化、マルウェアの挙動や異常通信から自動保護