Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー通知書を書留扱いせずに配達

愛知県の瀬戸郵便局において、マイナンバー通知書の一部が書留扱いではなく、一般の郵便物として通常配達されていたことがわかった。

日本郵便によれば、11月19日にマイナンバー通知書の受取人から、通常の郵便物として配達されたと指摘があり判明したもの。調査したところ、本来ならば簡易書留で配達すべきところを、配達員が一般郵便物と思い込んで配達していたという。

一般郵便物として配達されていた通知書は10通で、同局では差出人である地方自治体や受取人に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
総務相、自治体へマイナンバー制度の推進を要請
ふるさと納税の寄付者に関するマイナンバーなど個人情報を紛失 - 丹波市
未受領で返送されたマイナンバー通知カードを紛失 - 川崎市
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言