Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー通知書を書留扱いせずに配達

愛知県の瀬戸郵便局において、マイナンバー通知書の一部が書留扱いではなく、一般の郵便物として通常配達されていたことがわかった。

日本郵便によれば、11月19日にマイナンバー通知書の受取人から、通常の郵便物として配達されたと指摘があり判明したもの。調査したところ、本来ならば簡易書留で配達すべきところを、配達員が一般郵便物と思い込んで配達していたという。

一般郵便物として配達されていた通知書は10通で、同局では差出人である地方自治体や受取人に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2015/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナポイント、約6割が利用したい - 根強い不信感も
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
マイナンバーカード、「いつものパスワード使う」との声も
政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
個人情報の関連事故10件を公表 - 大阪市
新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意
審議会委員のマイナンバーカードの写しを紛失 - 鳥取県
ふるさと納税者のマイナンバーを無関係自治体へ誤送信 - 輪島市
ジャパンシステム、セキュリティ事業を両備システムズへ譲渡
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス