Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OMCカードのフィッシング - 規約同意ページも盗用

OMCカードの利用者を狙うフィッシング攻撃が発生している。11月前半にフィッシング対策協議会が同様の攻撃について注意喚起を行っているが、引き続き攻撃が発生している模様だ。

20151124_ap_001.jpg
盗用された規約同意ページ(画像:フィッシング対策協議会)

一連のフィッシング攻撃では、同カードの会員向けウェブサイト「OMC Plus」の偽サイトを設置。フィッシングメールで「第三者によるアクセスが確認された」などと不安を煽り、「登録IDを暫定的に変更した」などと説明。「任意のIDへ再変更をお願いします」などと騙して誘導する。

問題の偽サイトでは、同意ボタンがある規約ページも盗用。正規サイトであるかのような印象を与える一方、再登録としながら「新規会員登録」といった記載が残るなど、単なる盗用でずさんな一面も見せる。またフィッシングメールには、「ID?パスワード」など文字化けが生じていた。

同協議会では、11月24日の時点でウェブサイトの稼働を確認しているとして、注意を呼びかけるとともに、類似した攻撃へ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2015/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大