Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイナンバー通知カードの配達がピーク - 希望日時の再配達ができないことも

日本郵便は、マイナンバー通知カードの再配達依頼が集中しており、希望日時に配達できないケースも出てきているとして理解を求めている。

日本郵便が取り扱うことになる「マイナンバー通知カード」は、約5672万件にのぼり、さらに簡易書留のため不在による再配達などが発生。業務が集中している状況で、現在ピークを迎えている。

特に住宅地域では不在者から再配達依頼が増えており、希望時間が夕方や夜間の時間帯へ集中。そのため希望した配達日時に届けることができないケースもあり、変更を依頼するケースがあると説明、理解と希望配達時間の変更など理解と協力を求めている。

(Security NEXT - 2015/11/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバー業務で知った個人情報を不正利用、職員処分 - 横浜市
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
無関係の人事情報を取得した職員を懲戒処分 - 東松島市
交付前のマイナンバーカードと交付用端末が盗難 - 横浜市
総務相、自治体へマイナンバー制度の推進を要請
ふるさと納税の寄付者に関するマイナンバーなど個人情報を紛失 - 丹波市
未受領で返送されたマイナンバー通知カードを紛失 - 川崎市
マイナンバーカード取得促進、市区町村の9割実施 - 開庁時間延長も
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
2017年上半期、個人情報漏洩報告は290件 - 報告徴収2件、116件の指導や助言