Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「EC-CUBE」がCSRFの脆弱性を再修正 - 対応不十分で

eコマースサイト向けオープンソースソフトウェア「EC-CUBE」に脆弱性が含まれているとしてアップデートが公開された。10月26日に修正版が公開されたが、一部不備があったとして再度アップデートを実施したもの。

脆弱性情報のポータルサイトであるJVNによれば、「同2.11.0」以降、「同2.13.4」までのバージョンに、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)の脆弱性「CVE-2015-5665」が含まれていることが判明したもの。脆弱性が悪用された場合、利用者が悪意あるサイトを閲覧すると、任意のPHPコードを実行されるおそれがある。

トレードワークスの佐藤元氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告。JPCERTコーディネーションセンターが調整を行った。10月26日にアップデートが公開されたが、対応が不十分だったとして、あらためて修正を実施した新版を公開した。

(Security NEXT - 2015/11/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
CMSの「Drupal」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
オムロン製制御システム向けソフトに複数脆弱性 - コード実行のおそれ
「Java SE」にセキュリティアップデート - 脆弱性8件を修正
「Chrome 70」で脆弱性23件を解消
「VMware ESXi」などに深刻な脆弱性 - パッチがリリース
「Joomla」に5件の脆弱性を解消したセキュリティアップデート
Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース