Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

学生対象のセキュリティコンクール、受賞候補作品への意見募集開始

情報処理推進機構(IPA)が主催する「第11回ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」2015の受賞候補作品が決定した。11月17日まで意見募集を行っている。

同コンクールは、若年層における情報セキュリティ対策への意識を高める目的で、2006年から実施しているもの。情報モラルや情報セキュリティの大切さをわかりやすく表現した作品を、学生を対象に「標語部門」「ポスター部門」「4コママンガ」部門に分けて9月7日まで募集した。

今回、受賞候補作が決定したのを受けて、作品についての意見や感想を11月17日まで募集。最優秀作品などの発表は同月19日を予定している。

(Security NEXT - 2015/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
「SecHack365 2020」、まもなく参加応募を受付開始
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
「SecHack365 2020」の募集詳細、4月15日ごろ公開予定
3割超の企業、IIoT/OTでセキュリティ上の危険を感じたり事故を経験
マンガでセキュ啓発、プロジェクト始動 - JNSA
経験者の派遣にも対応したCISO支援サービス - GRCS
CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃